読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肋骨MTG -人のガバ見て我がガバ直せ-

MTG(マジックザギャザリング)でライブラリアウトデッキばっかり使ってる人のブログ。 書いてあることを鵜呑みにしないで使えそうなエッセンスだけ抽出してね。

【モダンLOガイド】デッキ別 外科的摘出で抜きたいカードTOP3

LOデッキのメインによく採用されている外科的摘出。

f:id:boollo114:20170118205311p:plain

有効に使えば非常に強力なカードではあるが、マナコストの低さに対して選択肢が多すぎるため、その、なんだ。困る。

 

そう、困るのだ。

LO使い初めの頃には特に、そして今でもハッキリとした正解には至っていない。

誰か説明してくれよぉ!

 

というわけで、自分の中野情報整理をかねて外科的摘出でブッコ抜きたいカードをデッキ別にTOP3ずつ書いていくことにした。

 

メタは霊気紛争解禁直前のモダン

主にメインで使うことを想定する。

 

◆親和

手札を超スピードで全展開するので追放に手札のカードを巻き込める可能性は低い。場に出てしまったカードに対処する方が重要なマッチなので、外科的摘出の活躍度は低い。

基本的には場にまだ出てないカードへ打つことになる。

1位:頭蓋囲い

2位:電結の荒廃者

3位:感電破

親和が手札に何か温存していると感じたら十中八九トドメ用の感電破。

赤マナが出せない状況なら追放を狙ってみてもいいかもしれない。

 

◆カンパニー系

集合する中隊で好き勝手するデッキ。クリーチャー中心なので墓所への乱入が通れば余裕のヨッチャンだが無限コンボには注意。

1位:集合する中隊

2位:永遠の証人(または証人で回収しようとしているカード)

3位:無限コンボパーツ

デッキのエンジンである中隊を抜きたいのはもちろんだが、真のエンジンは永遠の証人である。墓地を手札にしているようなものなので、ほおっておけばコンボパーツを簡単に揃えられてしまう。なんなんだよこいつ。

 

◆緑系トロン

 すっかりLOのおやつと化したウルザトロン。しかし最速トロン完成からの暴力は相変わらず投了ものなので気は抜けない。

1位:トロン土地

2位:最速トロン成立されて一番困るやつ(主にカーン)

3位:世界を壊すもの

基本的にトロン成立さえ防いでしまえばナニモイウコトハナイ。

2位3位は成立を防げなかった時の選択肢くらいか。土地を攻められるとキルターンが伸びて死ゾ。あと世界を壊すものは墓地回収能力で外科的摘出を回避されるので、能力起動に対応して打とう。もしかしたら土地を2枚生贄にしてくれるかもしれない。

 

◆青単トロン

同じトロンだけど対処方法は全く違う。むしろ緑系トロンよりずっと厄介な相手だ。

その理由は主に1位にある。

1位:アカデミーの廃墟

2位:精神隷属器

3位:白金の天使

アカデミーの廃墟を場に出されたら実質的にLOが発生しなくなるのでバスに乗り込もう。もしくは幽霊街で破壊するかインスタントタイミングのLOで削るかするしかない。相手の精神隷属器ループを止める意味もある。

たまにメインで、そしてよくサイドにいる白金の天使にも注意。単体除去を全部サイドアウトしないように。ちなみにLO死の判定は「カードを引こうとしたけど引けなかった瞬間」なので、このタイミングの後に白金の天使が場から離れたとしてもLO死にはならない。

 

◆グリクシスコントロール

カウンター主体、墓地利用に重視した辛い相手。こちらの有効打が連発できてやっと倒せるくらいの接戦になるだろうね。やだねえ。

1位:瞬唱の魔導士

2位:グルマグのアンコウ/黄金牙タシグル

3位:コラガンの命令

1位は打消しを使いまわしつつ自身が勝負を決めてくるイニストラード特有のガバガバマナコストウィザードだ。こいつが入れば相手の手は尽きず、逆にこいつさえいなければ相手の手はいずれ尽きる。

2位の探査クリーチャーは言わずもがな。貴重な墓所への乱入の種を探査コストで追放されたらライフが足りなくなってしまうので困る。

コラガンの命令はカニを除去しつつ催眠の宝珠を割る困ったちゃんだ。1位2位の回収もしてくる。コストが重いのと採用枚数自体が少な目なのが救いか。シルムガルの命令もこれくらい強くしてくれよな~頼むよ~。

 

◆バーン

カードの採用枚数が金太郎飴デッキなので追放枚数は稼ぎやすい。が、ほとんどがインスタントなので手札から追放には期待できない。

1位:アタルカの命令

2位:大歓楽の幻霊

3位:ソーサリー呪文か4枚刺しで墓地に落ちてる枚数が少ない呪文

アタルカの命令とかいう意味不明なカードを許すな。こちらは墓所への乱入を通さなければ高確率で負けるので、分かってる相手はこちらが乱入を打つまで絶対に命令を構えている。そしてその大勢が続けばこちらの負けだ。手札から引きづり出すためにも絶対狙おう。

 

◆感染

ギタ調禁止しても駆け引きの上手い人は普通に強そう。きらい。

1位:強大化

2位:なんか呪文をはじいてくる蔦のやつ

3位:後続クリーチャー

強大化は3キル発生装置なので追放できなければ死ゾ。おば賛美に強大化2枚でダメージ死ってなんだよお前。

運良く場のクリーチャーをさばけたら、後続となる感染クリーチャーを追放してしまおう。エルフと工作員を追放して幽霊街をセットできると相手が投了して気持ちがいい。

 

◆ジャンド

トップ勝負に持ち込めればLOのバーンの性質と3ドローで微有利。序盤からハンデスの嵐で墓地を肥やせなかったら負け濃厚。

1位:タルモゴイフ

2位:漁る軟泥

3位:突然の衰微

 自分が対戦すると高確率でタルモが2ターン目に召喚されるのだが、もし追放できれば相手のクロックはガタ落ちになる。稲妻とミシュランの打点が恐ろしいので、墓所への乱入の種を食われる漁る軟泥も優先的に対処したい。デッキのスピード自体はゆっくりなので、衰微をどかして催眠の宝珠でゆっくりしてもらうのも手だ。

 

◆アブザン

ジャンドよりはクリーチャー同士の取っ組み合いに特化してるのでちょっと楽。

1位:タルモゴイフ

2位:突然の衰微

3位:漁る軟泥

1位は相変わらずだが2位3位はジャンドと逆になっている。稲妻が無い分ライフに余裕があるのと、ジャンド以上にゆっくりなので催眠の宝珠さえ維持できればどうとでもなるからだ。

ちなみに未練ある魂は催眠の宝珠によく絡んでくれる上に打点が低いので無視が板。相手は手なりで墓地の未練ある魂を唱えてくれることが多い。

 

◆トリココントロール

ナヒリ型の流行は過ぎたものの、その柔軟さから紙のMTGにおいては愛好家が多い印象。エムラ対策の話は別のお話なのでここでは除外する。

1位:瞬唱の魔導士

2位:瞬唱の魔導士がフラッシュバックを付与しようとしてる呪文

3位:クロックになる呪文

かー!またお前かよポルトガルブラジル人~!コントロールはこいつにオンブにダッコなのかええおい?と言ってしまいたくなるような強さなのでやはり追放すべし。間に合わない場合は瞬唱のFB付与に対する打消しのような感覚で使うものもあり。差し戻しなどでドローゴーか続くことも多いので、場のクロックとして残りやすいクリーチャーはなるべくどかしたい。墓所への乱入の種にもしたいので墓地のクリーチャーは残すのが良い。

 

◆ドレッジ

トロール禁止してもゴルガリの凶漢を入れた型が普通に動いてるらしい、コワイ!依然として対策は必要か。

1位:秘蔵の抱合体

2位:恐血鬼

3位:燃焼

ぶっちゃけ秘蔵の抱合体さえ追放できてしまえばタダのゆるふわビートダウンである。

恐血鬼は外科的に対応フェッチ起動でよけられる可能性があるので注意。

浄土からの生命を採用している型だと燃焼で9点くらいぶっぱなしてくることがあるので注意されたし。

 

◆マーフォーク

次環境の台風の目になりそうなマーフォーク。正直あんまり有効な追放先がない。

1位:いま薬瓶から出てきそうなやつ

2位:波使い

3位:打ち消し呪文

薬瓶の起動に対応して手札のカードを追放すれば空振りさせられるぞ!

 

◆バントエルドラージ

1位:難題/現実

2位:歪める嘆き

3位:虚空の杯

難題の予見者と現実を砕くものを叩き付けるデッキなのでそこを潰そう。

LOはソーサリー主体のデッキなのでカウンターしてくる歪める嘆きもうっとおしい。

虚空の杯はたぶん外科的摘出を打つ頃にはX=1で置かれてそう。そもそもバントエルドラージに入ってるかどうかがよぐわがんにゃいね。

 

◆死せる生

1位:死せる生

2位:続唱呪文2種

3位:大爆発の魔導士/内にいる獣

名前の通り死せる生を追放できれば勝ちである。できなきゃ負け…!乱入もなければ死せる生のおやつ…!圧倒的おやつ感…!

続唱呪文の片割れはインスタントなので、死せる生が墓地に落ちてもすぐに外科的摘出せず、サル込みでマナが足りない状況か、続唱呪文を唱えたことに対応して打たなければ空振りさせられるので注意。

3位は主にランデスをしてきて墓所への乱入を構えさせてくれなくなる。乱入頼りの手札かつ相手の墓地に死せる生が落ちてない時は狙ってみてもいいかもしれない。

 

 ↓1/19追記↓

◆アドグレイス

苦手とする感染の弱体化により勢力を伸ばしそうなデッキ。稲妻の嵐はある程度の土地が必要なのでLOしてれば勝てそうなものだが、サイドに神聖の力線が標準搭載されているので外科的摘出云々よりそっちの戦いが本番になる。なぜか無限ライフコンボが流行ってるわけでもないのにメインに研究室の偏執狂がいるタイプがMOでは主流なので(同じ人のリストしか載ってないだけだけど)、LO側は二重苦を強いられているんだ!

1位:むかつき

2位:天使の嗜み

3位:ファイレクシアの非生とか

なんだかんだ言ったけれど抜きたいものはシンプル。むかつきが稲妻の嵐と偏執狂勝ちの起点になるので当然潰そう。嗜みと非生では、LO死を一回しのげる嗜みを優先。むかつきを外科的できてないけど嗜みを外科的できてる時は非生も外科的してコンボを不成立にさせるのも手だ。

最初にも言ったことと重なるが、偏執狂でLO死に、非生で暴力チャートに耐性があり、サイド後は力線が上乗せされるという対LO特化デッキと言っても過言ではないので、対策を切っちゃうのもひとつのチャートだ。

 

◆護符コンボ

最近またMOで結果を出し始めた護符コンボ。

https://www.mtggoldfish.com/archetype/modern-amulet-titan#online

花盛りの夏の禁止をくらって以降対戦したことはないけれど、どうやら定番だった集団意識コンボとサイドの神聖の力線は排されてるようなので、以前よりかなり楽なマッチになりそう。

1位:原初のタイタン

2位:召喚士の契約

3位:トレイリア西部

タイタンに依存しているデッキなので、抜こう!サーチ呪文2種もこのデッキにすみやかな殺意を与えてる鍵なので対処したい。

 

◆ライブラリーアウト

ミラーマッチ対策は完璧です(名言)

1位:書庫の罠

2位:彼方の映像

3位:不可思の一瞥/殻船着の島

単純に削る枚数がモノを言う正面からの削り合いになる。キルターンが早まる書庫の罠、LO呪文を補充される彼方の映像、かならず秘匿条件が達成される殻船着の島へ対処していこう。